第10回南伊豆を知ろう会のお知らせ

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

毎年恒例になりました南伊豆町教育委員会主催「南伊豆を知ろう会」ですが、

今年で第10回目を迎えることになりました。

今年は、以下のとおり開催致したいと存じますので、皆さんお越し下さい。



日時:2017年11月18日(土)午後1時30分〜(2時間程度)

場所:南伊豆町役場湯けむりホール

内容

・第一報告 西村慎太郎(国文学研究資料館准教授)「近世上賀茂の家と家族」

・第二報告 添田仁(茨城大学准教授)「海難と救助の南伊豆」

当日は、東洋美術学校によるパネル展示、報告書などの展示・配布も開催致します。




-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

南伊豆町肥田家文書保存・調査活動成果報告

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

10月6日〜9日にかけまして、南伊豆町肥田家文書の保存・調査活動を行ないました。

肥田家は伊浜村の村役人を務め、近世には近隣の湊における廻船を行っていました。



今回は箱9の目録作成及び資料の写真撮影を中心に作業致しました。

箱9は長持に入った主に近世の伊浜村及び廻船関係の資料がまとまっており、

『伊浜のむかし』で紹介した天神原新田開拓に関する資料もここから発見されました。

今回の作業で、以下のことを行いました。

・目録作成:9-26〜9-36(220点)

・写真撮影:25点(修復資料・『第10回南伊豆を知ろう会』で利用する資料)

・文書保存状態確認:全箱

・再クリーニング:箱1



今回の作業後のミーティングなどで確認できた点として、

当該地域の主要産業として、薪・炭の江戸への廻漕が上げられ、

江戸鉄砲洲の商人との関係を示す資料が多く発見されました。



最後に、今回の保存・調査活動において、

伊浜区、伊浜山村活性化支援センター、特に肥田二郎さんには多大な御協力を頂きました。

心より御礼申し上げます。

-----------------------------------------------

朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/



バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

南伊豆を知ろう会スピンオフ企画『伊浜のむかし その2』を開催致しました

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

2107年10月7日南伊豆を知ろう会スピンオフ企画『伊浜のむかし その2』を開催致しました。

当日は地元の方々や町役場の方々など多数お集まり頂き、

島田市博物館学芸員の岡村龍男さんより、

「新田を拓く −江戸時代、伊浜村の天神原新田開発−」を報告頂きました。

また、東洋美術学校による修復した古文書7点を展示し、

じゃんぴんスタッフが簡単な解説を致しました。

また、伊豆新聞にも取材頂きまして、10月9日付の紙面に掲載されました。

http://izu-np.co.jp/shimoda/news/20171009iz1000000016000c.html



最後に、ご参加頂いた皆さま、伊浜区の皆さま、南伊豆町教育委員会の皆さま、

そして、開催に御尽力頂いた肥田二郎さんには心よりお礼申し上げます。

-----------------------------------------------
朝日新聞クラウドファンディングA-port
「東日本大震災と原発事故で失われつつある
福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」

https://a-port.asahi.com/projects/morotake-jumping/
-----------------------------------------------


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

朝日新聞社クラウドファンディングで「東日本大震災と原発事故で失われつつある福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!」をスタート致します

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

このたび朝日新聞社クラウドファンディングA-portにて、

東日本大震災と原発事故で失われつつある福島県双葉町両竹の歴史と文化を承継したい!

というプロジェクトを開始致します。






このプロジェクトは、当会と当会会員の双葉町両竹出身の泉田邦彦さんとで立ち上げたもので、

両竹の歴史と文化を承継するため、両竹の歴史に関する本を出版し、

同地区の全戸に無料配布することを目指したものです。

目標金額は66万円、支援募集期間は2018年02月06日23:59までです。

多くの皆さまのご支援・ご協力をお願い致したいと存じます。

なお、ご支援などで不明な点はお気軽にご連絡ください。


□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」のお知らせ

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

研究会の案内が届きましたので、ご連絡致します。

------------------------------------------------

◆国際シンポジウム「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立をめざして」

日時:2017年11月11日(土)13:00〜17:30
      11月12日(日)9:30〜15:30
会場:神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール
   (神戸市中央区港島南町7丁目1-48)
   http://www.oair.kobe-u.ac.jp/ir/map-ja.html

参加無料/事前申し込み不要(懇親会のみ要申し込み)
使用言語:日本語(逐次通訳あり)

◇11月11日(土)13:00〜17:30 〜災害資料の保存と活用〜
開会挨拶
趣旨説明:奥村弘(神戸大学)
基調講演:アンドルー・ゴードン氏(ハーバード大学)
      「災害が喚起する歴史保存と歴史認識の課題」
報  告:イ・ユンギョン氏(韓国国家記録院/神戸大学)
      「韓国の災害資料の管理・活用の現状−公共機関を中心として−」
コメント:エリザベス・マリ氏(東北大学災害国際研究所)
     白井哲哉氏(筑波大学)
     佐々木和子氏(神戸大学)

懇親会(18:00〜同会場4階ラウンジにて)
   *事前申し込み制/会費6,000円。下記URLよりお申し込みください。
    http://kokucheese.com/event/index/484545/

◇11月12日(日)9:30〜15:30 〜被災歴史資料の保全と活用〜
要点整理:奥村弘(神戸大学)
特別報告:カルロ・カカーチェ氏(イタリア国立保存修復高等研究所)
      「文化財・文化活動・観光省の地理情報システムの相互運用と活用
       ―2016年イタリア中部地震での積極的役―
報  告:謝仕淵氏(国立台湾歴史博物館)
      「2016都市台湾南部地震(206地震)における博物館の取り組み」
     阿部浩一氏(福島大学)
      「東日本大震災後の地域歴史資料保全活動の展開
       ―福島県での取り組みを例に―」
     天野真志氏(国立歴史民俗博物館)
      「地域歴史資料保全をとりまく課題と可能性
       ―東日本大震災をふまえて―」
コメント:青木睦氏(国文学研究資料館)
     ジョン・ポーター氏(東京外国語大学)
総合討論


【主催】科学研究費補助金基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」(研究代表者・奥村弘)研究グループ
【共催】人間文化研究機構(国立歴史民俗博物館、国立民族学博物館)
    東北大学災害科学国際研究所
    神戸大学大学院人文学研究科
    神戸大学先端融合研究環未来世紀都市学研究ユニット
    神戸大学先端融合研究環「人文情報の文理融合研究と地域学創出」プロジェクト
【後援】神戸大学震災復興支援・災害科学研究推進室


詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~chiiki/




□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM