東洋美術学校での講義を行いました。

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

2017年1月16日に当会の修復業務を行って頂いている東洋美術学校保存修復科において、

2年生を対象とした特別授業を代表理事・西村慎太郎が行ないました。

内容と、現在置かれている民間所在資料の問題と民間所在資料の整理方法、

具体的な保存処置や修復について学びつつ、

実際の文書資料に触れて頂く形式で行いました。

https://www.to-bi.ac.jp/course/conservation/



このような授業・講義ないしは講演を御依頼の団体は当会まで御連絡ください。



□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

【追報】12月28日茨城県北部を震源域とする地震に伴う歴史資料保全について

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

2016年12月28日午後9時42分、茨城県北部を震源とする地震が発生し、

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

当会では歴史資料の保全に関する保全に向けた「お願い」を12月30日に発表致しました。

多くの皆さまからご協力やご支援の御連絡を頂き、誠にありがとうございます。



当会事務局長・武子裕美氏が帰省のため、当該地域に向かい、

合わせて情報収集を行ないました。

また、いわき市の情報もございますので、追報として御連絡致します。

・常陸太田市内の民家では2階東側本棚の書籍落下

 ※東日本大震災の際は南北の本棚から崩れ、今回の地震との違いがある

・北茨城市内の学校のガラスが落下して破損

・北茨城市内の住宅の瓦が落下して破損。室内の荷物が多少崩れた

・縦揺れだったため、そこまで被害は無かったと思われる(当日、現地在住の方の談)

・いわき市では店内の品物が落下

・当該地域に関する歴史資料・文化財の状況については現在調査中

・当会調査先については大きな問題は発生していない



□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ホームページを更新しました

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

当会のホームページを更新致しました。

http://rekishishiryo.com/



更新したのは以下のとおりです。

・調布市佐橋家文書保存・調査活動成果報告会 小林凛帆さん「台湾俳句の概要と特質」

  http://rekishishiryo.com/html/product/20161210.html

・12月28日茨城県北部を震源域とする地震に伴う歴史資料保全について(お願い)

  http://rekishishiryo.com/html/other/20161230.html



ぜひご覧ください。



□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大阪歴科協例会にて史料ネット事務局長・吉原大志さんが報告致します。

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

当会の活動にも参加・協力頂いている吉原大志さん(史料ネット事務局長)が、

下記のとおり大阪歴史科学協議会帝国主義研究部会1月例会報告を致します。

お誘いあわせの上、ご参加ください。



日時:2017年1月16日(月)午後6:30〜

会場:淀川区民センター第5会議室(阪急十三駅下車徒歩10分)

報告者:吉原大志氏

タイトル:「阪神・淡路大震災以後の資料保存と「史料ネット」運動(仮)」



大阪歴科協 http://osakarekkakyo.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

史料ネットブログ http://siryo-net.jp/event/201701-osakarekkakyo/



□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

立科町土屋家文書保存・調査活動について

NPO法人歴史資料継承機構じゃんぴんです。

下記の日程で長野県立科町土屋家保存・調査活動を実施致します。

土屋家は芦田宿本陣であり、同家の壁裏から発見された裏張り資料に関する作業で、

壁紙を一点ずつ解体する作業と裏張り資料の目録作成が中心です。

解体作業の方法は初心者でもレクチャーさせて頂きます。

多くの皆さまにお越し頂きたいと存じます。

なお、宿泊場所が限定されているため、早めの締め切り設定です。

これまでの活動については当会ブログを御覧ください。



日時:2017年3月11日(土)〜13日(月)

 ※初日集合は3月11日午後1時に立科町役場入り口。または12時JR佐久平駅改札。

作業場所:長野県立科町芦田 立科町中央公民館

作業内容:床の間壁裏張り資料の解体と保存処置・目録作成など

宿泊先:長野県立科町芦田(予定)

募集人数:10名

募集締め切り:1月30日(月)

 ※部分参加可。部分参加の方はその旨ご連絡ください。作業場所などを御連絡致します。

謝金:当会の内規による



参加ご希望の方は当会メールアドレス・住所まで、

名前・住所・電話・メールアドレス・所属をお知らせください。

ご質問も同様に受け付けますので、お気軽にご連絡ください。



□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん

info@rekishishiryo.com
http://rekishishiryo.com/

バックナンバーはblogをご覧ください。
http://rekishishiryo.jugem.jp/

住所:198-0063 東京都青梅市梅郷3-863-2 西村方

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■
| - | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM